club black
    ハッピーハムスター

[ カテゴリー » 長編小説 » 連載中(T) ]

序章 ④

ドサっ ドサっ

目の前から音がする。

タルタロスは目を背けた。

とてもではないが、見ていられなかった。

自分は目の前の妻と娘を見殺しにした。
自分に力が無いばかりに、二人を救えなかった。
目を開ければ、地面に叩き付けられた無残な二人を
見なければいけなくなる。そう思った。


「おっさん、いつまで固まってんだ」
「手貸せ、こいつも狩るぞ」

前の方から少年の声が聞こえる。
おかしい、少年は後ろにいるはずだ。
目を開ける。
少年がダイミョウザザミと戦っている。
どうしたことだ。
もうひとりの青年の横で妻と娘が座っている
いつのまにか、自分の後方にいるはずの少年と青年が目の前にいる

「お二人とも大丈夫ですか?」

どうやら、青年が二人に話しかけているようだ。

「では、もう少し離れていてください。」
「さて、○△○×!! 私も手伝いますよ」

というと、少年と同じ形状の大剣を構え、既に交戦中の少年の元に走っていく。
武器の形状こそまったく同じだが、全体的に青年の方は紫おびているようだった。

さきほど、少年の名を呼んだようだが、タルタロスは、よく聞き取れなかった。

「ザザミさんよぉ 今までは数々のハンターたちを葬ってきたかもしれねぇが
 それも今日で最後だなっ
 俺たちのエピタフとモノリスをなめるんじゃねぇぞ!!!」

少年はそう言うと、ザザミの足を切り払い、ひるんだところに
横から大剣を突き刺している。
青年も同じ動きを行い、両サイドから全く同じ攻撃を加えている。

二人は、少しななめ前に出ると、
ふたつの大剣が盾蟹の両爪を捉え、同時に破壊。
そのまま、剣をなぎはらい、蟹のダウンを誘う。

「おっさん!!!!!!!!」

タルタロスは我に返った。

目の前に起きている状況は全て理解できている訳ではないが
今、自分がしなければいけない事はわかっていた。

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおお!!!!!!」


タルタロスは叫んだ。
タルタロスは走った。
目の前のダイミョウザザミはダウンしている。
少年と青年はタルタロスを見つめている。
渾身の力を込め、いや、彼の全てを込め、ダイミョウザザミの頭に大剣を叩き込む。



序章 完

— posted by Toshiya at 05:11 pm   pingTrackBack [0]

序章 ③

タルタロスは自分の置かれている状況を宙を舞いながら理解し始めていた。

ドス。ゴロゴロゴロ。

鈍い音が響き渡る。

なんとか受身をとり、次の攻撃に備える。
まともに頭から落ちていたら次の一撃をまともに食らい命が危ぶまれるところだ。

不意の一撃をくらっても受身を取れるあたり、長年に渡る狩猟生活の賜物であろう。

しかし、さすがに無傷ではない。
肩は脱臼し、半身打撲状態である。

ゴキっ

タルタロスは脱臼した肩を元に戻すと、痛む肩には構わず大剣を構えた。
ディアブロスはUターンして来て、またタルタロスに襲いかかる。

ガン!!!
ガン!!!!
ガン!!!!!

タルタロスは大剣を横にしディアブロスの突進を受け止める。
ガードした衝撃は肩に伝わり、タルタロスの表情は苦悶に変わる

「くぅっ」

しかし、そうも言ってられない。
目の前の飛竜を倒さねば、家族が危ない。いや、このディアブロスが妻や娘の方を襲いかねない。

タルタロスは渾身の力を込めなぎ払う。

ズシャ!!
首に一撃を加える。

しかし、そのままディアブロスは回転し大きな尻尾がタルタロスに襲いかかる。

ドン

鈍い音がし、タルタロスは吹っ飛ばされる。
大剣のガードは間に合わず、まともにくらう。

まずい。これは時間がかかってしまう。。。タルタロスは考えていた。

どうすれば、この最悪な状況を打破できるのか。
しかし、考えど答えは出て来ない。


ふと、回りに目をやると二つの人影が見えた。

!?

よく見ると2人立っている。
100メートル程はなれた所から、タルタロスの方を見ていた。
そして、こちらに歩いてきているようだった。

・・・助けを頼むしかない。
タルタロスは考えた。
どのような連中かもわからない。
もしかしたら、助けてくれないかもしれないし、助けてくれたとしても、あとで膨大な報酬を求められるかもしれない。
しかし、もう考える余裕すら彼には無かった。


だんだん近づいてきた人影は、
ひとりは、青年のようだった。青い布のような防具であるリアン装備に身を包み精悍な顔つきをしている。
ひとりは、少年だった。タルタロスが知らない装備をしていて青年の腰くらいまでしか身長がなかった。

そして2人とも、文字らしきものが光浮かぶ大剣を背負っていた。
見たことも無い大剣であった

ディアブロスを交戦中のタルタロスが2人に声をかけようとした時、少年が駈け寄ってきた。
青年は10メートル位はなれた所で止まって、こちらを見ている。

少年はタルタロスに声をかける。

「おっさん、助けてやる。 近くにいてもいいけど邪魔すんなよ。」

タルタロスは目を丸くした。
こちらから頼む前に、どうやら助けてくれるらしい。
しかし、それと同時に青年ではなく少年の方だけだった事に不安を覚えたのも確かだった。

「ありがたい。助かる。しかし大丈夫なのか?」

聞かずにいられなかった。どんな答えが返ってきても、すがるしかないのだが。

「ああw まぁ見てろって。」
少年は舌なめずりをして、そう言うと角竜に向かっていく。


  ◆◆◆


少年は大剣の扱いに長けていた
もはや、彼の身長と同等くらいあるその大剣からを、体のバネや遠心力を
うまく使い、いとも簡単そうに軽々と大剣を振り回していた。


少年の持つ大剣は、見た事もない形状だった。

「おっさん、このエピタフがそんなに珍しいかい?」

タルタロスはその大剣の持つ神妙な雰囲気にのまれていた。


「まぁ無理もないか。この俺の相棒、エピタフプレートは
 世界に一振りしかない、呼応する者に力を与える剣さ。」

「まぁ見てな」


言い終わると同時に、少年は目に力を入れているようであった。
すると少年の瞳は黒から鮮やかな黄色に変わり、しばらく目の前のディアブロスを見つめ続けた。
「へー」
少年が感心した目でタルタロスを見る。

「おっさん、いい線いってたよ。あの角竜、もうよわってるみたいだ」

そう言うと、変わった構え方で大剣を抜刀したまま、ディアブロス目掛け正面から、突っ込んでいった。
その速さは、とても抜刀している状態とは思えず、普通に走っているのと、なんら変わりはないように見える。

ディアブロスも少年を確認すると、頭の角で少年を串刺しにしようとする。

少年は、それを交わすと軽やかに大剣を振り上げる。

少年が振り上げた大剣はディアブロスの頭を捉えている

ザシュ。

鈍い音が聞こえる。
ディアブロスの頭に的確に一撃を加える。

ディアブロスは怯み、一瞬ではあったがよろめいた。

少年は、それを見逃さない。

足元に転がり込むと、腹に向かって全力で切り上げる。
そのまま、刃を水平にし、足を切り払う。

ディアブロスの巨躯は砂漠に横たわった。

少年は横になったディアブロスの頭に渾身の力を込めた攻撃を加えると、さらに何度も切りつけていく。

ディアブロスは叫び声をあげる。
角が2本とも、ぽっきり折れていた。

しばらく少年の無駄のない動きに見入っていたタルタロスであったが、「はっ。」と我に返り、ディアブロスに向かっていく。

タルタロスも幾度となく死線を経験してきた狩人。
ディアブロスの注意を引き付け、カウンターで攻撃しディアブロスをひるませていく。
少年も相変わらず、的確に攻撃をあたえていき、

やがて、いや、少年が現れた数分後、

ディアブロスは、息絶えた。


  ◆◆◆


そのむこうで、
母と娘は、いまだドスガレオスと対峙中であった

(どうやら無事のようだな)

かなり消耗しているようではあるが、
二人に外傷は見られなかった。

タルタロスは安堵していた。

(早く助けにいかなければ)

タルタロス自身かなり消耗はしているが、そうも言っていられない。
足早に2人の元に向かおうとした、まさにその時。


次の瞬間、
娘と妻の体が空中に放り出された。

ダイミョウザザミ。

盾蟹と呼ばれる、そのモンスターは
背中にモノブロスの頭蓋を背負い、地中から頭上のハンターを襲う習性がある。
襲われたハンターは空中に放り出され地面に叩きつけられる。
その攻撃を受けた者は、とてもではないが無傷ではいられない。


タルタロスの頭の中はまっ白になっていた。

いや、普通であれば予想できたはずであった。
だが、
連続するトラブルにより、本来の目標物の事を完全に忘れていた。


たくさんのハンターが犠牲になったのであろう。
背中に背負うモノブロスの頭蓋は赤く染まっていた。
まるで赤いモノブロスのようであった。

— posted by Toshiya at 02:07 pm   pingTrackBack [0]

序章 ②

しばらくして弟は目を覚ます。

ベットから立ち上がり、
ふと周りを見渡すと誰もいない。

居間に目をやると、テーブルの上に朝食が乗ってある。

( ああ、狩りに出かけたんだ )

弟は、誰に説明される訳でなく、その事を理解している。

テーブルにあがっているガッツチャーハンを
おもむろに食べ始め、

( 姉さんも、ついていったのか・・・ )

姉は最近、ほとんど狩りには出かけてなかったので、
珍しいな等と思いながら、食事を終えると、奥の部屋に行き
自分の装備箱に入っている、ハンターナイフ改を取り出し
腰に備え付けた。

( そろそろ訓練場に行くか。 )


   ◆◆◆

砂漠に着く頃には昼を過ぎていた。

真上なる太陽は、ジリジリと気温を上げるのに十分過ぎるほど
役にたっているようである。
狩猟場のひとつである砂漠は、昼と夜で全く違う顔を持つ。
昼は、ハンターの体力を奪う程暑く、その暑さは時として
狩りの上での判断を鈍らせるだけでなく、
暑さゆえに動きが鈍くなり隙も生んでしまう。
夜は昼とは間逆に凍てつく寒さがハンターを襲い、
スタミナを奪う。長時間の狩猟は昼と同じで危険を伴い
万全な準備は必要不可欠である。


狩猟場、砂漠。


狩猟場のすぐそばにあるベースキャンプは
日陰に作られており、ハンター達は一休みし体力を回復するに
最適な場所となっている。
先ほど着いたタルタロス達も例外ではない。
すでに、ここに来るまでに消耗した体力を回復する為に、
1時間程休憩する事とした。


その間、タルタロスは自慢の大剣リオレウスを丁寧に研いでいる。
娘と母はテントにある簡易なベッドで横になり仮眠している。

予定していた休憩時間が終わり、
タルタロスが「行くぞ。」と二人に声にかける。

二人はベッドから起き上がると、
早急に装備を身につけ、足早にベースキャンプを
出て行こうとするタルタロスを追いかけた。


今回の目標は盾蟹。

依頼主は、この村の村長

ギルドの掲示板に張ってある依頼内容を読むと
こう書かれていた。
「 盾蟹討伐依頼
   依頼主:村長
   最近、ダイミョウザザミによる被害が後を絶たない。
   ここで正式に討伐を依頼する事に村会で決まりました。
   報酬は盾蟹2匹分を用意します。」

通称ザザミと呼ばれているモンスターだ。



狩場に着くと、目的の狩猟と採取に各々向かうため、
父と娘、母は二手に分かれた。


タルタロスが、ふと遠くを見ると、
何かが潜ったようであった。

(ザザミか。意外に出くわすのが早かったな)

そうタルタロスは思った。

しかし、さらに遠くに目をやると、地中から出る大きな背ビレだけが、
こちらに一直線に向かってくるではないか


「ドスガレオスか。。厄介な奴が割り込んできたな。。」
思わず声に出してしまう程、予想外であった。

しかも、そいつは採取に向かう母に一直線に向かっている。

(何てことだ!)


   ◆◆◆


タルタロスの背中には大きな爪跡の傷がある。

若いころの彼は、血気盛んで、
逃げる事を嫌い、敵に背中を向ける事なく立ち向かい
ただのひとつも背中には傷はなかった。

しかし、ある時に、最愛の人を守る為、覆いかぶさり
火竜の一撃を背中にまともに受け、
深い傷と毒により3日3晩、生死をさまよう事になったのだが、
その時、母は片時も傍を離れなかったという。

そして、父が目覚めた後、母が弓を引く姿は見る事が出来なくなってしまっていた。


   ◆◆◆


今、母の腰についているのは、片手剣。
ほとんど使う事はないが、採取する際に邪魔なランゴスタやカンタロスを
追い払うのには、一役かっている。

しかし、とてもドスガレオスと対峙できるような代物ではない。

タルタロスは娘に目で合図を送る。

それは「母の元へ行け」という暗黙の合図であった。


娘は、コクリとうなずくと、全力で母のほうに走っていった。


彼は、こう考えたのだった。
娘がドスガレオスと母の間に割って入り、
弓で距離を保ちながらドスガレオスを威嚇し、何とか、
自分がザザミを倒している時間だけを稼いでさえくれれば、
この危機は、うまく乗り越えられる。

そう考えていた。
というより、突然の出来事により、それしか考え浮かばなかった。

何にせよ、タルタロスの中のプランを遂行しようとしていた矢先。

そう。次の瞬間。

彼は、轟音をたて地中から現れた生物に目を疑った。

その生物には角が2本存在していた。
盾蟹であれば、1本。
ほんの短い時間ではあるが、
彼がその生物を正確に理解できるまでには時間がかかった。
目の前に現れた者には
翼があり、
尻尾があり、
角が2本ある。
紛れも無く飛竜である。

彼が知る限り、2本の角がある生物はディアブロス以外いなかった。
蟹であるか飛竜であるか、どうかよりも
蟹でない。という事実が驚愕である。

その反応に一瞬判断が遅れたこと自体が、
ディアブロスを前にする狩人には致命的であった。

ドッドッドッド!!!!!

間髪入れずに突進してくるその飛竜の一撃で、
タルタロスは自分の置かれている状況を宙を舞いながら理解し始めていた。

— posted by Toshiya at 12:20 pm   pingTrackBack [0]

序章 ①

とある辺境の自然豊かな村。

一人の少年の声が聴こえる。



「それじゃあ、行ってくるよ。」
そう言うと少年はバタンと戸を閉めた。

誰に、かけるわけでもない言葉。
戸を閉められた音が寂しく響くその家には

誰もいなかった。


少し前には、この家には家族が住んでいた。
父と。母と。姉と。弟。
暖かな家族が住んでいた。

父は、家族が生活出来るだけの恵みを得に狩りに出かけ、
母は、狩場から少し離れた場所でキノコや薬草等の採取を。


自然から、必要以上に欲せず生きるだけの分の糧を分けてもらう。
生きる糧、村を守る以外に無益な狩猟はしない。
父や母は普遍の教えを受け継ぎ、変わらぬ生活を守っていた。


弟は、武器の扱いが人よりも上手ではなく、
訓練場に通う幼き狩人たちの中でも、飛びぬけて狩りが下手であった。

この村では男の子は年齢が十くらいになると武器を持ち、剣士になる為の
訓練を受けに訓練場に足を運ぶ事が決まりであった。
片手剣と呼ばれるハンターナイフを誕生日に父親から渡され
次の日から訓練場に通う。
教官と呼ばれる髭を生やした男から様々な武器の使い方を学び
自分にあった武器を見つけ習得していく。
2年から3年ほどの訓練を終えた若き狩人達は、
そこで初めて、狩場に向かい親の狩猟を手伝いながら、
いずれは、一人立ちしていく。

村をモンスターから守る為に村に残る者をいれば、
活動拠点を街に移す者もいる。
海を渡る者もいれば、
傷を負い、狩りが出来なくなり村に帰ってくる者もいる。
命を落とす事もある狩りだから、皆、真剣に自分の道を決める。

そんな中、弟は訓練場に通い始めて5年が経っていた。
まわりの同い年の子は、皆、狩場に出ており
弟だけが、いまだに訓練場に通っていた。

村人の手によって捕獲され訓練場に連れて来られたドスランポスを相手に
強化したハンターナイフ改を手に狩猟していく。
命に危険が及ぶと判断されると傍らで見守る教官が助けに入るが、
基本的には、1人で立ち回り、狩猟できるようになる事が目標となる。
協力訓練は4人で行うが、これは、より実戦に近い訓練となり、
弟は、まだその段階に達してはいない。

今まで1度だけドスランポスを狩猟する事が出来た程度だった。

そんな弟を父は、別段怒ったりはしない。
「おまえが、いつか狩場に出たければ出ればいいし、
 出たくなければ、出なければいい。
 ただ、母さんの手伝いは忘れるな。」
と、いつも決まった事しか言わなかった。


姉は、歳が6つ離れた弟の事をいつも心配し、自分が弓の扱いに長けていた事もあり
弟が剣士として訓練するのではなく、ガンナーになる事を勧めていた。
姉も、たまに父の狩りに付いて行く事はあれど、
そのモンスターの大きさや、しばらく耳が聞こえなくなるほどの咆哮に足がすくんでしまう為、
弓でサポート役に徹する事がほとんどであった。


     ◆◆◆

どこからか、小鳥のさえずりが聴こえる。

「行くか。」
そう、呟いたように父は母に語りかけた。
ある日の早朝。
いつものように、父と母は狩場に向かう。
そんな朝の一幕だ。

「今日は砂漠に向かうから、援護にアクアを連れて行く。
 起きているか?」
と母に問うと、
「とっくに起きています。」と姉
 どうやら、姉の名はアクアのようだ。
 奥の部屋から出てきた、その体には防具を付けている。
 背中には弓を背負っていた。

三部屋程の、この家は家族がくつろぐ居間と
父と母の寝室。そして、弟と姉の寝室。
居間で支度していた父と母の物音で目覚め、姉は既に支度を始めていたのだった。

「支度まで出来ているみたいですよ」と微笑みながら
父に答えると、
「そのようだな」とぶっきらぼうに言いながら
父は身の丈はあろうかと思われる大きな剣を背中に背負った。
大剣と呼ばれるその武器は、大きな事が特徴で
中でも彼が持つ炎剣リオレウスは、火の力を帯びていて
村の中でも1、2を争う程の良い大剣を、父は所持していた。


「昔の話だ。」と彼は言う。
若いころに、火竜リオレウスを死ぬ思いで数匹狩猟し
やっと作成したのが、この炎剣リオレウスというわけだ。

「母さんとは、そのころパーティを組んでいてな。」
ある時、父は娘に昔話を話した事があり、
その話によると、母親と父親は同じパーティで狩猟を行い、
母親は弓で大剣を扱う父親を援護していたという。
「おまえの弓の上手さは、母親譲りだよ」
と、滅多に表情を変えない父親が、その時ばかりは表情を
和らげていたそうだ。



「まだ寝ているのか?」
少し、あたりを見回して母に聞く父。
「寝ているわね、起こしましょうか?」
と母。
「いや、いい。
 訓練場に行く時間には、まだ早いしな。
 寝かしておけ。」

バタン。
戸が閉まる音が家に響く。
3人は、おもむろに家をあとにした。

弟はまだ、夢の中だった。

     ◆◆◆



「おーい タルタロス」
どうやら、父の事を呼んでいるようだ。
「砂漠に行くなら赤いモノブロスに気をつけろよー」

この赤いモノブロス。
最近、村を騒がせている正体不明のモンスターの事だ。
モノブロスは普通は薄い土色をしている。
稀に白い亜種と遭遇するハンターもいるが、
赤いものは存在しない。とされてきた。

が、ここにきて目撃するハンターが後をたたない。

しかし、今までも、このような事例はあった。
イァンクックの亜種だとばかり思われていたイァンガルルガや
黒いモノブロスだと言われていたが、よく見ると角が2本あり
ディアブロスの亜種である事が判明したりと。

最初に見る者は初めて見る恐怖により、
様々に誤認し、それを人に伝え情報が錯乱する。
今回の件も
樹海で最近みつかったエスピナス亜種が
砂漠にも適応しているのではないか。という人もいれば、
白いモノブロスを夕方に見て夕焼けで赤く染まってみえたのでは?
という人もいる。

故に、この話題にことかかないモンスターの存在は
この時点では、まだ、恐れるような要因がなにひとつなかったのだ。

「ああ」
いつものように、ぶっきらぼうに左手をあげ、
注意を呼びかける男に、そう答える。
タルタロスと呼ばれるこの男はいつもそうだった。


3人の姿は砂漠に向かい村の門を越えていった。

— posted by Toshiya at 12:46 pm   pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0714 sec.
prev
2017.12
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31