club black
    ハッピーハムスター

[ カテゴリー » GAME全般 ]

作られた都市伝説

こんにちわ。
小さな頃は、都市伝説的なモノを信じていたJUBIAです。

さて、本日は「流行り神2」。

[ゆうか編 作られた都市伝説]

これは、最終話[流行り神]が終わってからのゆうかさんの物語。

留年確定と言われたゆうかは、水明を納得させる程のレポート提出を命じられる。
その夜に起きた事件を元に、ゆうかは都市伝説を創作してWEB上にそれを流し、都市伝説はどのように伝わっていくのかを調査する事にした。
しかし、ゆうかが創作した都市伝説は、いつしかその内容が変わっていき、ゆうかの周辺では奇妙な事が起こり始めた。

都市伝説は、どのように伝わっていくのか?
そして、その真意は・・・?

— posted by JUBIA at 03:16 pm   pingTrackBack [0]

クリア

こんにちわ、JUBIAです。

通勤途中、道路脇に駐輪している自転車のところに、二羽のカラスがいました。
一羽はサドルの上にとまり、サドルを突いていました。
もう一羽は、地面にとまってペダルを突き、クルクルと回るペダルをなおも突いて遊んでいました。
屋外での駐輪時は、こんなこともあるものなんですね。
自転車の持ち主さんは可哀相に。。。

さて、本日は「ヘラクレスの栄光 魂の証明」最終。

最終ダンジョンの冥界付近ですが、雑魚が強い強い!
こんなんでラスボス大丈夫かしら・・・。

ラスボス手前で雑魚の「強敵」を表す赤いエフェクト!
マジですか?
こんなところで??
乙キャラが続出し、心が折れそうになるもなんとか倒す事が出来ました。
この一戦でどっと疲れた為、ラスボス戦は翌日へ持ち越すことに。

そして、いよいよラスボス戦。
しかしながら、手前のイベで同行していた登場人物が・・・。
マジですか。。。

悲しい気持ちでラスボス戦に挑みます。
マーイン、インテルで敵からの魔法攻撃を最小限に抑えつつ、アビリティのリ・オーラで更にダメ激減。
敵の攻撃はほとんど魔法なので、これでかなり楽になります。

本体の他に手足が4本あるので、先に手足を倒してもアンデッド属性なのでオーバーキルしなくてはいけません。
2000以上のダメでもエーテル化しないので、ロコスの昇天撃か、インテルで賢さを上げた魔法攻撃でエーテルと化す事ができました。
残った本体へ猛攻撃してラスボス撃破!

ちょっとしたイベの後にエンディング。
エンディングが終わると2周目をやる事ができるようですが、私は1周目で終わり。

最後を迎えての感想は、やはり戦闘のテンポ(魔法エフェクトの短縮が短縮になってない)を除けば良作だと思います。
気になる人は是非。

— posted by JUBIA at 03:22 pm   pingTrackBack [0]

エレベーター幽霊

こんにちわ、JUBIAです。

さて、本日は「流行り神2」。

[小暮編 エレベーター幽霊]

これは、小暮さんがまだ乾署にいた頃のお話。

残業を終えた小暮は、深夜に警視庁へ資料を届けに行く事に。
その直前、先輩刑事からエレベーターにまつわる怪談を耳にする。

誰もいない階で止まったエレベーターには、幽霊が乗ってくる。

警視庁の目的部署がある12Fに行こうと、エレベーターに一人で乗った小暮。
すると、押してもいない10Fでエレベーターが止まり、開いた扉の先には誰もおらず、小暮がそこでエレベーターを降りると、そこには管理官・御園雛子がいた。

雛子は、警視庁内で起きた殺人事件について、内密に調査をしていると告げ、小暮はその手伝いをする事になった。
隠密調査とあって、小暮は毎晩、深夜に警視庁に赴き、雛子と事件があったと思われる10Fの証拠品保管宝庫から調査を開始した。

調査を続けて数日が過ぎた頃、これといって証拠となる物が見付からず、小暮は雛子に肝心の事件の内容等について聞くが、詳しくは話せないとして雛子はその詳細を明らかにしなかった。

そんなある日、小暮は警視庁のエレベーター内で幽霊を目撃してしまう。

果たして、エレベーター内で見掛けた幽霊の正体とは・・・?
雛子が単独捜査している事件とは・・・?

本編も、分岐ルートはありません。
しかしながら、ゲームオーバーになる選択肢が三つあります。
霊感がある小暮さんならではの物語で楽しめました。
もしも・・・誰もいない階でエレベーターが止まったら・・・と思うと、ちょっと背筋が寒いです。

— posted by JUBIA at 03:20 pm   pingTrackBack [0]

それぞれの過去

こんにちわ、初めてクールパッドなるものを使ってみたJUBIAです。

この暑い時期、寝苦しさを快適にすると言われる涼感敷パッドを購入してみました。
ベッドのシーツを取っ払い、クールパッドを敷いて寝ること10分。
なんか、背中とお尻の辺りに熱がこもって暖かくなりました。。。
表面はツルツルした触感で、最初は涼しくなるかなと期待しましたが、綿100%の普通のシーツの方が熱がこもらないので、元に戻しました。
クールパッドならぬ、ホットパッドだったようです。

別のメーカーだとそんなことないのかしら?
買う前に、そのパッドに手をしばらく置いてどうなるかをきちんと確かめないとダメですね。

さて、本日も「ヘラクレスの栄光 魂の証明」。

物語も後半になると、記憶が曖昧だったパーティーキャラの一人ずつが何者だったのか判明してきます。

ヘラクレスの過去が分かって軽く涙し、そしてロコスの過去が分かってまた涙。。。
ロコスの悲しい過去の話で空気が湿っぽくなっていると、ヘラクレスの「わはははー!悲しい時は笑うんだ」的なセリフに少し元気を取り戻したロコス。
グッジョブ、ヘラクレス!

物語で最後となる町へとやってきました。
有り金を全てつぎ込んで武具を揃えたいと思います。

— posted by JUBIA at 03:32 pm   pingTrackBack [0]

GAMES WITH GOLD 第50弾

こんにちわ、Toshiyaです。

今回の無料ゲームは
Xbox 360では『Plants vs. Zombies』がプレゼントされているようです。

もうHPも更新されてないし、いちいち360起動して確認するのも
面倒だし、ちょうど50段というキリも良いので。
これにて360無料情報発信は終わろうと思います。

思えば、今までのダウンロードして遊んで良かったのは
ベスト5は
『Deadlight』
『BioShock Infinite』
『Just Cause 2』
『Halo3』
『The Maw』
の5本だったなーと。

『Deadlight』はダントツ。
遊んでよかった。

『Halo3』のおかげでボダランの良さに
気づけました(笑)

最後となりますが、
今回もダウンロードをお忘れずに!!

— posted by Toshiya at 11:51 am   pingTrackBack [0]

がんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻

こんにちは、Toshiyaです

遊んでみました。
ゴエモン。

ゴエモン好きなんですよね。
コナミはキャラクターを大事に育ててこないので
あまり好きではないメーカーなんですけど。

でもピースウォーカーは神ゲーです(キリっ)
小島さんはすごいわね。

ゴエモン歴はその昔GBの
「がんばれゴエモン さらわれたエビス丸」を
完全クリアしました。
とっても意味なさそうなアイテムまで集めましたね
なんか宝玉みたいなの。

ステージ8 陸奥の
みこが仲間になるステージは無茶苦茶でしたね。
難関過ぎでしょ。みたいな。
とまぁ、自分にとって思い出深いゲームとなったんですが

ファミコンやスーファミ版も友達の家で遊んでました。
そのころ家にはGBしかなかったので。

一応DSで出てるという事もあって絵のタッチもよさげなんで
買って遊んでみました。

封印しました(笑)

イマイチですね。
当たり判定が微妙なのに全方向から敵が来るんで
ストレスマッハですわ。

もっと敵少なくていいんじゃない?
最初のロープのジャンプから意味わかんねーしw

これにて封印。さっ次のゲーム、次のゲーム。

— posted by Toshiya at 01:15 pm   pingTrackBack [0]

座敷わらし

こんにちわ、JUBIAです。

さて、本日は「流行り神2」。

[かごめ編 座敷わらし]

これは、賀茂泉かごめさんが子供の頃のお話。

休暇で故郷に帰省したかごめさんは、焼け跡と化した実家を訪れる。
そこで、子供の頃に出会った少女の事を思い出す。

歴史ある神社の一人娘として、大きな屋敷で厳格な父と、その父に逆らえない母、そして優しい祖母と四人で暮らしていた。
お手伝いさんが忙しくする中、かごめは同じ年頃の少女・千鶴と出会う。
かごめは千鶴と遊ぶようになったある日、洞窟を探検する二人だったが、千鶴の様子がどこかおかしく、千鶴は「今夜の子の刻、かごめの家が火事になる」と告げ、どこかへ去って行く。
かごめは、自分を可愛がってくれた祖母にだけ火事になると警告するも、祖母は本気で取り合ってくれなかった。
その夜、屋敷は炎に包まれ、祖母がかごめを逃がすも、祖母と両親は火事で焼け死ぬという大火事となった。

果たして、千鶴の正体とは・・・?
そして、火事の原因は・・・?

本編では、分岐ルートはありませんが、ゲームオーバーになる選択肢が一つあります。
小さい頃のかごめさんはお嬢様で、とっても奥ゆかしく可愛い子供でしたね。
今のかごめさんも好きですけどね。

— posted by JUBIA at 03:19 pm   pingTrackBack [0]

クラシス

こんにちわ、JUBIAです。

さて、本日も「ヘラクレスの栄光 魂の証明」。

トロイまでやってきました。
先日も書きましたが、登場人物のセリフがとっても短くてシュールなのですが、それでもホロッとくる面もあります。

捕らえた魔物の魂を死者へ分け与え、不死兵を作り出す機械、クラシス。
クラシスを破壊すると、不死兵達は消滅していく。
そのクラシスを破壊し、目の前の不死兵が消滅していくと、そこにいた軍の人が、「こいつら生きている時は、俺の友人だった」的なセリフがありました。
う~ん、何とも言えない気持ちになります。

さてさて、現在主人公の他にヘラクレスと名乗る人が二人登場しています。
ヘラクレスが複数存在しているという事は、本物のヘラクレスがクラシスで捕らわれ、その魂を死者の肉体に分け与えられていたら・・・。
そして、もしも捕らわれている本物を解放したら、自分達は消滅するかもしれない・・・。

・・・マジですか?
現在、そんなお話になっております。

これからどうなるのか、ストーリーの先が気になります。

— posted by JUBIA at 03:21 pm   pingTrackBack [0]

GAMES WITH GOLD 第49弾

こんにちわ、Toshiyaです。

17日に更新されるはずなのに、
更新されてないですよね。

うーん、ONEの2日だけと勘違いしてるとしか。
ズサンですね。
ヤル気ないとしか。
こんなことだからONEもイマイチ売れないんじゃないかなーと。

頑張って欲しいんですけどね。
360は好きなハードなので。

— posted by Toshiya at 11:51 am   pingTrackBack [0]

睡魔とボス再戦

こんにちわ、JUBIAです。

さて、本日も「ヘラクレスの栄光 魂の証明」。

本作は、基本はどこでもセーブ可能なのですが、天空の門では、天空の回廊と英雄の回廊の2つのダンジョンを抜けて、天界への道を進んで地上に戻るまではセーブ不可となっています。
しかも、2つ目の英雄の回廊では、主人公とヘラクレスの2人PTで、過去に戦ったボスと戦う事になります。
この英雄の回廊が、とても厳しかったです。

そして、寝る前にこの天空の門をくぐったおかげで、途中で眠たくなってもセーブ不可なので、眠い目を擦りながら戦っておりました。
地上に戻った途端、即セーブして寝落ちしました。。。

しかしながら、この道中には色々な武具が入った宝箱があるので、頑張った甲斐があるというものです。
何はともあれホッと一安心。

— posted by JUBIA at 03:22 pm   pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0204 sec.
prev
2017.12
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31