club black
    ハッピーハムスター

[ カテゴリー » モンスター考察 ]

少し早いけどMH4のモンスター考察

交換の一覧を載せたのはこの記事が書きたかったから(笑)

今回、交換できる機能により
出番の無いモンスター素材も手に入れる事ができます。

で、ドスファンゴさんは大猪の端材として出現。
ハンター防具は無いけれど、オトモ防具は存在するので、
これはこれで良いのかもしれません。

ほとんどのモンスターが何かしらの形で出演してます
モスはモスポークとして(笑)
ドスフロギィさんもオトモ装備。

ここで残念なのが、ドドブランゴとオオナズチ。
砂漠の兼ね合いで亜種が出せなかったとしてドドブランゴは出ないと思っていました。
ですがMH4Gで新フィールドとして砂漠追加して
次回は、その辺が、のきなみ出てくると思ってたので
この形でドボルベルク、ラングロトラ、ベリオロス、ドドブランゴ、ドスガレオス
デイアブロスがでてしまうと、不安を覚えます。

ラオシャンロン、ナナ・テスカトリ、ヤマツカミ、ウカムルバスは素材交換で良いと思います。
その地方でしか出ない、あるいはストーリー上で重要なモンスは、このシステムにピッタリですね。
ナバルとジエン、アマツマガツチ、シェンガオレン、モノブロスさんは何処?(涙)

ヴォルガノスは黒歴史じゃなかったんですね(笑)
ヒプノックは見かけないですが。。。

あと、武器や防具があるのにいまだ存在が確認できないのが、
カンタロス、ドスギアノス、ドスバギィ、ギギネブラ。どうしてかな?

ちなみに、ドスイーオスが地面に毒を吐きだす形なので、ドスフロギィときちんと棲み分けが出来てます。
ドスフロギィ、ドスバギィ、ドスギアノスはそれぞれの状態異常なので、どうせなら全部出して欲しかったです。

— posted by Toshiya at 01:04 pm   pingTrackBack [0]

核竜 ギアレックス

核竜 ギアレックス


こんにちわ。
西シュレイド王国 王立学術院書士隊
タンジア支部 書士のToshiyaです。

この度、タンジア支部に栄転しました。

なんと2年ぶりの登場です。

長くブログをやってると、こんな事もあるんですね。
ラス記事書いてから2年も経ってたとは。

今回は「ギアレックス」

メタルギアソリッド ピースウォーカーでしか
戦えないモンスターです。

コラボ企画のモンハンでまるっきり新モンスが出てるのは
知るところでは「ピースウォーカー」だけです。
気になってる方も多いのではないでしょうか。

このギアレックス、テーマは「ドラゴンゾンビ」
獣竜種と同じように2足歩行
MH4に出る予定の新モンスのガララアジャラと同様の攻撃方法も持っていて
鱗のようなものをまき散らして、それを咆哮により共鳴し粉砕し、
近くにいるプレイヤーにダメージを与え動きを止めます。

なかなかの良モンスです。
突進する前に足をバタバタし、来ることがわかりますし、
突進後はよろけて、攻撃のチャンスとなります。

きちんと隙が存在し、どこかの全く隙が無い
ハメ対策しかしないクソモンスとは雲泥の差です。

素材は、下位、上位、G級みたいな感じで(笑)
以下が存在します。
・核竜の粘液
・核竜の濃液
・核竜の激液


生息地はイスラ・デル・モンストルオですが、
時として島を出て別地に出現することもあるようです。

部位破壊箇所は
頭部(角のような部分の先端が欠ける)、
発射弁の付け根の袋(穴が開く)、
背中のトゲ(大きく折れる)、
尻尾(先端がちぎれ落ちる)の4箇所だそうです。
作り込まれてます。

「ピースウォーカー」でしか遊べないという最大の難点がありますが、ゲーム自体も良作です。
ソロでは進めるのが難しい面もあり心が折れる可能性が高く、
Toshiyaもこのモンスターと戦いたい一心でプレイするが心が折れ諦めそうでしたが
団員の召喚に成功し、ストーリーを無事クリアし、ギアちゃんとのご対面に成功。
いまやヘリや戦車との戦いに明け暮れてます(笑)

— posted by Toshiya at 12:24 pm   pingTrackBack [0]

イスラ・デル・モンストルオ

「イスラ・デル・モンストルオ」

メタルギアソリッド・ピースウォーカーでモンスターと遭遇する島の名である

コスタリカの沖にあるとされる伝説の島、スペイン語で「怪物の島」とされる
景観はとても美しく、まさに常夏の島といったところ。

コスタリカの砂浜「プラヤ・デル・アルバ」から行くことができるようで、
案内役のトレニャーさんに連れて行ってもらう事で移動可能。

島は、動物の足跡のような形をしており、肉球に該当する箇所で狩猟を行う。

島の一角には、なぜか肉焼きセットが置かれており、
肉ならぬレーションを焼く事が可能。
プーヤンとコラボしているプーヤンミッションでも、
この島が舞台の場合があり、その時は好きなだけ焼ける。

プーヤンミッションでアイル―の横でアサシンストローボックスを被れば、
夢の4つのゲームのコラボが。マニアックな行動である。

島にはアイルー、ランポス、リオレウス、ティガレックス、ギアレックスが生息。
リオレウス、ティガレックスは飛竜種の為、別の場所から訪れている可能性もあるが、
ランポスは大量に生息しているようである。

この島での狩猟クエストはリオレウス、ティガレックス、ギアレックスの
各々2種ずつ、計6種類存在する。

— posted by Toshiya at 12:50 pm   pingTrackBack [0]

甲虫種 キングカンタロス

こんにちわ。
西シュレイド王国 王立学術院書士隊
メゼポルタ支部 書士のToshiyaです。


甲虫種 キングカンタロス

剥ぎ取り部位
本体
回数 2回

下位素材
(~HR30)
カンタロスの角(6%) new!
カンタロスの頭(30%)
カンタロスの羽(10%)
カンタロスの甲殻(48%)
モンスターの体液(6%)

上位素材
(~HR99)
カンタロスの角(6%)
カンタロスの尖角(2%)new!
カンタロスの堅頭(14%)new!
カンタロスの刃羽(8%)
カンタロスの斬羽(38%)
カンタロスの薄羽(18%)
カンタロスの堅殻(12%)
モンスターの濃汁(6%)

汎用素材
(HR100~)
甲虫種の殻
甲虫種の堅殻
甲虫種の重殻
甲虫種の液
甲虫種の濃液
甲虫種の特濃液
甲虫種の角(6%)new!
モンスターの上油

生産例
黒刀【嵐ノ型】(太刀) 攻撃力1152 防御力+10 レア度8 斬れ味ゲージ白 会心率30% スロット2 
生産素材 カンタロスの尖角×1 カンタロスの角×3 カンタロスの刃羽×5 カンタロスの斬羽×10


としたところで 考察 妄想を終わります(笑)

— posted by Toshiya at 03:28 pm   pingTrackBack [0]

氷狐竜 デュラガウア

こんにちわ。
西シュレイド王国 王立学術院書士隊
メゼポルタ支部 書士のToshiyaです。

久々の登場です。

今回、掘り下げるのは
フロンティアでのみ登場するモンスターです。
ついにですね。
前回まで、一度も新モンスターに触れる事なく
休載に突入したので、おいおいと思われましたね。きっと。

で、
新モンスターについては書きたい事がたくさんあるのですが、
まずは、デュラガウアについて触れたいと思います。


ディラガウアの誕生意義は大きいです。
きちんと下位・上位と位置ずけられる素材を持っての参戦。
フロンティアとしては、ヒプノ・ヴォル以来の下位上位追加型モンスです。

その外見から、とても狐さんには見えませんが、
狐さん。らしいです(笑)

誕生意義は大きい、と書きましたが、
開発者曰く、新しく始めた方にも早い段階で新鮮なモンスターを
体験してほしいとして生まれたのがデュラガウアです。

サンロクマルの新規顧客を意識しての対応でしょうが
逆に今まで、いなかった事が少し不思議ですけどね。

何より、
下位での出会い。上位での再会。
これは、結構大事な事です。

あと願わくば、原種が上位から追加されても、
時が来れば下位にも出る事を望みます。

ガウアに続き、グレンゼブルが実装されましたが、
グレンもまた下位上位追加型モンスです。
彼の場合、高地実装という面もあったので、
ちょっと実装背景が違いますが、歓迎されるべき事です。

このガウア、実装された当初は塔にしか出ない為、
落とし穴が使えない場所であり、試すことすら出来ませんでした。

その後、高地に出現し、初めて落とし穴を使用できたわけですが、
新しい発見がフィールドによってもたらされるというのは
良い事だと思います。
支給品に罠があったのも憎い演出でした。

ただひとつ残念なのは、
フロンティアにおいて、あって無いようなストーリーに絡める事が
できたのに、しなかったのは少し残念ではあります。

追伸
僕の友人は、この上位ガウアを150匹強、剛テオを150匹強
倒してますが、いまだに防具が最高レベルにならないそうです。
ゲームとしては致命的なバランスですね。

— posted by Toshiya at 12:14 pm   pingTrackBack [0]

甲殻類 キングロブスタ

こんにちわ。
西シュレイド王国 王立学術院書士隊
メゼポルタ支部 書士のToshiyaです。

今回は、キングロブスタについての資料を公開致します。

さて、エビです。
そろそろ来るのではないかと思った皆様。
まさか、そこに着地するとは。と思った皆様。
ぜひ楽しんでいって下さいwww

キングロブスタはモンハンの世界の中において
もはや設定しか存在していないような生物です。

しかし、
ハンターはその姿形を想像できるはずなのです。
なぜなら防具が存在しているからです。
それは、
キングロブスタシリーズです。
もう、かぶりものとしか思えないそのデザインは
使用されているところを見かけないほど
あまり、愛されていないかもしれません。

しかも使用されるエビ素材は
ガノトトスから採れる希少なもので、
大量に必要とされる事から、作成する機会も失われていると考えれます。

ですが、もしゲーム中に存在するならば、
その頭角の大きさから
中型級のモンスターとなった事でしょう。

モンスターハンターシリーズは
小・中型級のモンスターを、ないがしろにはしていないとは思いますが
少し種類が少ないと思います。
バラエティに富んだ生態系を構築、
初心者への敷居をさらに低くし間口を広げる為にも、
もっと小中級クラスや、設定だけ存在する。及び
採取だけで作れる防具の充実が必要不可欠です。

熟練ハンターさんは、今更。とお思いでしょうが、
そのような新規顧客が開拓できなければ人口は
減るだけですし、取り組みとして上記のような違うアプローチも必要
と私見ですが考えます。

今回は素材が希少なのは残念で、デザインに問題性があったとしても
このような設定の存在は、歓迎すべきといえます。

近い将来、
ロブスタとクイーンロブスタが登場するかもしれません。

としたところで考察を終わります。

— posted by Toshiya at 03:24 pm   pingTrackBack [0]

魚竜種 ガレオス

魚竜種 ガレオス

こんにちわ。
西シュレイド王国 王立学術院書士隊
メゼポルタ支部 書士のToshiyaです。

今回は、ガレオスについての資料を公開致します。


私は主観ではありますが、ガレオスがモンハンの中で、
かなり重要なモンスターだと考えています。

シリーズtri以前からモンハンに触れていた方は
以下の内容を理解できると思いますが、

初めて砂漠に足を踏み入れた時、
非日常的な光景がそこにあったと思います。
モンハンの世界自体が非日常的で非現実的であるとは思いますが、
まだ自分の常識の範囲内だったのではないでしょうか?
でも、ガレオスは、そんな常識すら打ち崩していたと思います。

そうです。砂を水のように
砂漠を海のように進みます。
そしてサメにしか見えません。

最初の標的は採取やドスゲネポスだったでしょうから、
砂漠の部分を走り抜けた方もいたのではないでしょうか。

危険なモンスターの世界を構築する上で
一役買った事は間違いありません

なんでもかんでも、リアルな設定にする事は可能でしたでしょうし、
このような設定を生かす事には、かなりの思い切りが必要だったでしょう。
でも、数々ある常識外れ(グラビーム,雷まとうゴリラ)の中でも
ガレオスの設定は秀逸だと賞賛致します。

逆にtriから入ったハンターさんには
少し、かわいそうだったなと思います。
トビウオのようなデルクスでは
あのインパクトをだせていたかは疑問です。

海竜種と魚竜種の関係に思いを馳せた方も
そのようなムービーを妄想した方も
どちらの種も知れば知るほど、そのような事を
考えずにはいられません。

最後に私の最大の疑問なのですが、
どうしてチャナガブルは魚竜種じゃないんだろう。。。

としたところで考察を終わります。

— posted by Toshiya at 06:58 pm   pingTrackBack [0]

 

恐暴竜 イビルジョー

こんにちわ。
西シュレイド王国 王立学術院書士隊
メゼポルタ支部 書士のToshiyaです。

今回は、イビルジョーについての資料を公開致します。

今回はそっちか。と、お思いの皆様、
次回はフロンティアのモンスターなので、ご了承下さい。
また、出ない理由か?とも思われた皆様。
また、違う観点なので、ご一読下さい。

さて、彼はロックラックでのみ登場したモンスターです。

周囲の生態系を狂わせてしまうことすらあると言われてる、
あのモンスターです。

クエストとは目的があって達成となります。
その条件は納品であったり、討伐や捕獲であったりします。
その為、失敗となる条件もさまざま存在します。
捕獲の際に討伐してしまったり、タイムアウト、リタイア
報奨金が消失(3死)と色々存在します。

協力型のゲームは、失敗となる条件を多数存在させる事で
ゲーム性をもたせている事が定石となります。

私はイビルジョー自体がルール(システム)の一部だと考えています。

そこで、思い出してほしいのが、彼の行動。
そう、イビルジョーの捕食行動です。

イビルジョーはクエスト中、急に現れて
プレイヤーやクエストの目的モンスターを攻撃します。
いや捕食します。
そこで、もしイビルジョーに目的のモンスターが倒されてしまうと
「クエスト失敗」となるのです。

ランダム性のあるルール追加。
それは、なにがおこるかわからない自然をも表現しています。
結果的にゲーム性と世界観が、おもしろく融合している、そう考えます。

フロンティアにこそ、彼は必要です。
多くのモンスターとクエスト。ランダムに現れるイビルジョー。
私見を述べるなら、イビルジョー討伐のクエストはいりません。
それはtriの時から何か違うと思っています。

としたところで考察を終わります。

— posted by Toshiya at 12:27 pm   pingTrackBack [0]

砂獅子 ドドブランゴ

こんにちわ。
西シュレイド王国 王立学術院書士隊
メゼポルタ支部 書士のToshiyaです。

今回は、ドドブランゴ亜種についての資料を公開致します。

もっと読む»

いきなりか。いろんなものスっ飛ばして、そこか。
と思った方も多いでしょう。

しかも、フロンティア関係ないじゃん。
と思った方も多いでしょう。

いえ、一応理由があるのです。

まず、なぜ彼は出ていないのか。
そこから掘り下げていきたいと思います。

まず、調査資料から砂獅子は
かなり強引な世の中への登場ではなかったかと考察します。

・まずオトモブランゴを呼ばない。
・凍結ブレスではなく気絶ブレスを吐く
・下手をすると金獅子とかぶってしまう

他の新規亜種と比べても4種(ザザミ・ギザミ・ドド・ババ)の中で最も
今の現状に合わせて設計されたように感じます

そして、
tryの登場により、雪だるまの砂版である
泥だるま状態が、状態異常として増えました。

これにより、ますます砂獅子の扱いが難しくなったのではないかと推測してます。


今後、どうせ登場させるなら、
砂原や砂漠に対応させた砂獅子を。と一度は議題にあがっている事を
望みますし、ぜひ進化した砂獅子が見たいものです。

その為にも、
・砂ブランゴの追加(ブランゴも砂漠に適応した)
・泥ブレスの追加(砂を一度口の中に入れるという意味では砂漠でも使用可でも
  良いのではないでしょうか。気絶と併せ2種類のブレスを使うのも良いかと)

が必要とされます。
砂獅子にそこまでの労力を使うでしょうか?
単純に考えて答えはNOです。
既に一度、今の状態で登場させてますし、
亜種だから。という魔法の言葉で解決できます。
他に武器、防具の扱いをどうするか等の方が重要なポイントだと
考えられます。(性能等)

ですが、フロンティアに砂原の実装と同時に砂獅子が登場したなら、
期待せずにはいられません。

そして、他の方々は、「ああ、攻撃方法増えたんだ」程度しか
思わないかもしれませんが、僕は感動してスタッフを賞賛し涙を流します。

— posted by Toshiya at 12:43 pm   pingTrackBack [0]

毒怪鳥 ゲリョスについて

こんにちわ。
西シュレイド王国 王立学術院書士隊
メゼポルタ支部 書士のToshiyaです。

今回は、ゲリョスについての資料を公開致します。

もっと読む»

さて、皆さんはゲリョスについて、どこまで知っていますでしょうか?
毒を吐きながら走り回る。(全力で)
光って狩人をピヨらせる。(問答無用)
など等、出てくるとは思います。

ここで、掘り下げたいのは、
ゲリョスは、光るものが好きです。
今更、何を言っているのかと、お思いでしょうが、

ゲリョスは狩人のポーチの中を盗みます。
その際に光るものを優先に盗みます。光蟲やライトクリスタル等を優先に。
これらの事を、攻略サイト等を見ずに、自らの体験で導きだせたでしょうか?

導きだした方も数多くいると思います。
やけに光蟲から盗まれるな。と思った筈です。

それは、なぜかゲリョスと戦う際に光蟲を持っているからに他ありません。
「沼地」です。

ゲリョスは毒を扱います。
バサルモス、ドスイーオス等他の毒を扱うモンスターは火山を根城にしています。
ドスイーオスは沼地にも現れますが、ゲリョスは火山には現れません。

他のモンスターの亜種は、その生息地を変えるものも
存在するのに対して、ゲリョスの亜種は生息地も変わりません

それは虫が取れないからです。
ライトクリスタルも取れないからです。


モンスターハンターは生態系等を考えて作られています。
ですが、ゲームであるという縛りもうまく取り入れて
ゲリョスという生物が成り立っている。としたところで考察を終わります。

— posted by Toshiya at 12:46 pm   pingTrackBack [0]

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0307 sec.
prev
2017.10
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31